ホーム > 会社概要 > ISOへの取り組み

ISOへの取り組み

ISO9001:2008 品質マネジメントシステム認証取得

ISOロゴマーク
未来精工株式会社は、お客様との信頼関係一層の強化と企業体質の改善を推進する為に、ISO9001:2008品質マネジメントシステム認証登録を、2005年3月26日付で取得いたしました。
その後、国際規格の改定に伴い2015年版への移行審査を経て、2018年3月13日付でISO9001:2015へ移行しました。


品質方針

  1. コルゲーター設備、省力化機械、金型、自動販売機の技術開発を推し進め、更なる使いやすさを追求する。
  2. お客様の声をとらえ、潜在的ニーズを把握し、顧客満足の得られる商品を創造する。
  3. お客様の課題解決に役立つ高品質な商品供給に心掛け、社会貢献をする。
  4. 法令を順守し安全及び環境に配慮した商品を創造する。
  5. 当社を取り巻く状況の変化を見極めると共に、リスク管理の充実を図る。
品質方針の達成のため、全社及び各部門の品質目標を設定し、実施の達成度を評価し、品質マネジメントシステムの有効的な継続的改善を行うと共に、当社に関係するステークホルダーに周知する。
 
 2018年2月16日
 未来精工 株式会社
代表取締役社長 安田 啓司

活動スローガン

「QMSの効果的運用を実現し、社員と顧客の満足を獲得しよう!」

未来精工株式会社は、省力化機械・精密金型などの受注生産製品の設計ならびに製造を主要業務としています。その性質上顧客満足度の向上が不可欠であり、顧客の潜在ニーズを的確に把握し製品に創り込む事が重要であると考え、更に企業体質の強化と経営改善などを鑑みて品質マネジメントシステムの導入を決定いたしました。

認証登録の道筋としては、2003年5月より社長を中心に、全社員が団結して独自でISO9001規格要求事項の学習からスタートし、まずは社内業務システムの見直しや標準化を推進し、業務システムの再構築に取り組みました。
認証登録は改善活動の評価プロセスの過程と捉え、全部門を対象に審査に挑戦した結果でありますが、是に甘んずることなく更なる改善活動の強化に努めます。

近年、自動車関連及び住宅設備関連企業さまとの取引も増加しており、是を機に自社商品の開発と更なる技術力の向上と業務の効率化を図り、お客様に満足いただける製品を提供し、社会に貢献する企業活動に取り組んでいく所存であります。